新しいペット供養のあり方ペットのDNA いまDNAを保存する。それは生きていた証となる唯一のかたみとしていのちの情報をのこすこと。

ペットとDNA

ペットのDNAが残せます

家族であるペットが生きていた証となるDNAが残せるようになりました。これまでの楽しかった思い出や写真・映像と一緒にDNAという唯一無二の記録を残せる『いのちのかたみ』それがDNA Stock Assistです。

DNAとは

一部のDNA配列が遺伝子を形成しています。この遺伝子が親から子へと受け継がれるため、遺伝子は固有の遺伝情報の源となります。例えば、親子や兄弟で顔や身体つきが似通っているのは、多くの部分で同じDNA配列を親子間で共有しているからです。

詳細は『DNAについて』をご参照ください

いまDNAを保存する

どうしていまDNAを保存するのか? それはDNAを採取するには細胞が生きている時期に限られるからです。すなわち、固体特有で唯一の遺伝情報が含まれるDNAは、まさにいのちの情報であり、生きていた証として、最も貴重なかたみになるといえます。深い思い出が残る品や写真と一緒にいのちの情報が刻まれたDNAを保存することをお薦めいたします。

専門的な技術でいのちの情報を永久保存できるのです。 少しでもペットロスを軽減し、ペットと身近にいられる環境をご提供します。

ペットのDNAを残す意義について~新しいペット供養のありかた

その昔、多くの場合ペットは庭などに埋めて供養していました。そして昨今、ペットは火葬して供養することが普通になってきています。さらにここ数年、散骨や樹木葬などの供養方法も少しずつ浸透しており、ペットの葬儀、供養の方法も多様性を見せているのです。

ペットのDNAを残すことは、確実な命の証として手元に残り、将来に夢を持てるということで科学技術に基づくペット供養の新しい方法といえます。